スタジオ公開+小品展示 (金沢)
  新しいスタジオの制作公開と小品展示。
会期;2002年11月9日 - 10日
会場;金沢市大野町4丁目ホ81 海辺のアトリエ 地図

この新しいスタジオは、金沢市大野町の古い建築物を改装して、作家がスタジオとして使用していくという活動の一貫としてつくられたものです。私が入るスタジオは、かつて薩摩いもの貯蔵庫として使用されていたものです。

 

グループ展「掌8」 レントゲンヴェルケ(東京)

 
 
会期;2002年10月26日 - 11月23日
会場; レントゲンヴェルケ
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-1-201
0422-797-323

4空間 - 時間・記憶・再生 -

 
 

今回は、銅や蝋を用いた「記憶へ」シリーズの展示。



4空間 - 時間・記憶・再生 - 
作家;作間敏宏・高崎賀朗・冨永剛・山本基
会期;
2002年9月7日 - 9月9日
会場;ギャラリー千空間 東京都渋谷区代々木1-28-1

「BT」のレビューで紹介されました

 
 
BT 美術手帖7月号のギャラリー・レビューに取り上げられました。(P221)
選・評はインディペンデント・キュレーターの臼木直子さん。

美術出版社
-ignition-「迷宮」公開制作 (レントゲンヴェルケ, 東京)
 
 
会期;2002年6月6日(木)〜7月6日(土)
出展作家: あるがせいじ、フロリアン・クラール、長谷川ちか子、平井武人、 中ザワヒデキ、 小川信治、笹口数、田中偉一郎、玉井健司、渡邊英弘、山本基
会期;
2002年6月6日 - 7月6日
会場;レントゲンヴェルケ roentgenwerke

「迷宮」公開制作 7月6日 15:30-19:00
コレスポンディング・サイト (ドイツ、ハンブルグ)
 
 

Corresponding sites : Four spaces-Four artists.
「コレスポンディング・サイト−4つの空間:4人のアーティスト」

滞在制作:
2002年5月22日 - 31日
作品公開:
2002年6月1日 - 16日

 [作品]の詳細へ

会場; Ernst-August-Deich 55 21107 Hamburg, Germany
作家;城戸孝充、山本 基、Werner Schaarmann、Anke Mellin

主催;ハンブルク湾岸プロジェクト実行委員会
企画;Werner Schaarmann
コーディネーター;松永康  国際芸術センター青森 ACAC主任学芸員
日本側事務局;フタバ画廊 小林めい子

「コンフォルト」に作品が紹介されました
 
 
2002年5/10発売の「コンフォルトCONFORT」という建築系の雑誌で、7ページにわたって作品が紹介されました。これまでの主な作品の他、3月に行った個展の制作の様子なども掲載されています。

 コンフォルト ?54号(6月号) 建築資料研究社 p.29 - 35

掲載記事
日本料理店「初」での展示
 
 

会期;2002年5月8日 - 7月7日
会場;日本料理店「初」(うぶ)
東京都港区三田2-6-13コート三田   03-5418-8051
フィリップモリスKK・アートアワード2002  PS1賞 受賞
 
 

フィリップモリスKKアートアワードの最終審査の結果 、PS1賞に選ばれました。
来年の2月から3月にかけてニューヨークのP.S.1コンテンポラリーアートセンター(PS1/ MoMA)で行われる受賞者展「ザ・ファーストステップス展」に出品します

会期;
2002年4月27日 - 5月6日
会場;東京国際フォーラム
今回は会期中も制作を行いました。制作は合計4日間、約40時間です。


個展 T.L.A.P (東京)
 

会期;2002年3月29日 - 4月7日
会場;時限美術計画 / T.L.A.P  -Time Limit Art Program-
東京都渋谷区神宮前4-17-3 アークアクトリウムB1

 [作品]の詳細へ

時限美術計画 / T.L.A.P : 佐藤洋一氏を代表として集まった美術作家約20名によって自主運営するギャラリースペースです。そのコンセプトは時限美術計画という名のとおり、一定期間(約1年間)の活動が終わると、現在のスペースを閉じ、また新たな場所へと移動するというものです。 T.L.A.Pの前は、取り壊される前のマンションの一室を使用した、300日画廊というスペースを00年から01年にかけて運営していました。

 
アートスカラシップ2001現代美術賞展 LIVE(東京)
 

この展覧会は、10人の審査員別 に作品公募を行い、優秀賞1名と入選6〜10名を選出するというもので、 私は今回、長谷川祐子、南条史生 両氏の部門でそれぞれ展示しました。

■長谷川祐子 審査員部門
2002年3月4日 - 3月9日

■南条史生 審査員部門
2002年3月11日 - 3月16日

会場;exhibit LIVE[laiv]
東京都中央区銀座8-10-7 東成ビルBF

 
個展 cafeteria Casumi (川崎)
  会期;2002年1月12日(金)〜 2月2日(土)
会場;cafeteria Casumi
神奈川県川崎市中原区木月396


 
個展 秋山画廊(東京)
 

東京日本橋の秋山画廊での個展。 [迷・宮]というインスタレーションとドローイングを展示しました。
このインスタレーションは、画廊の床に塩で迷路を描いていくというもので、今回は搬入に約4日間を充てて描きました。

会期;2001年7月12日 - 7月21日
会場;秋山画廊 東京都中央区日本橋本町4-1-12

 [作品]の詳細へ

 
個展 ギャラリーK2(金沢)
   

会期;2001年5月24日 - 6月4日
会場;ギャラリーK2 金沢市窪3丁目171

 [作品]の詳細へ

ハマヨスタジオでの展示とオープニングパーティ
   
金沢・大野に新しいアトリエがオープンします。
醤油の産地、大野では、使われなくなった 醤油蔵をアートスペース等に再利用する活動を進めています。
カフェ「もろみ蔵」、アトリエ&ギャラリー「オキシドール oxydol」に続き、4月に新しくアトリエをオープンします。名前は「ハマヨスタジオ」。蔵の屋号からとりました。
そのオープニング・パーティを4月1日に行いますので是非お越し下さい。 アトリエとして使用する金沢在住のアーティスト[中森あかね]さんと私の作品を展示しています。(制作途中もご覧になれます)
また2001年4月より、土日は「オキシドール」と「ハマヨスタジオ」を開けていますので、是非遊びに来て下さい。

ハマヨスタジオ オープニングパーティ
会期;4月1日

中森あかね・山本基公開制作&展示
会期;2001年3月29日 - 4月1日

主催;くらくらアートプロジェクト実行委員会

会場;920-0331 金沢市大野町1丁目34-3
JR金沢駅から車で約15分。バスでのアクセスは便数が非常に少なく不便です。
北陸自動車道の場合
福井方面 から 金沢西I.C.を下りて国道8号線沿いに約3.5キロ、藤江交差点を左折。
富山方面 から 金沢東I.C.を下りて国道8号線沿いに約5.5キロ、藤江交差点を右折。

ハマヨスタジオ 工事進行中
   
私は2001年4月から、金沢港に近い醤油の産地「大野」に新しくオープンするアトリエ「ハマヨスタジオ」で、制作をすることになりました。これはそのアトリエの工事状況の報告です。
このアトリエは、使われなくなった醤油蔵をアートスペース等に再利用する活動の第三弾としてつくられるもので、これまでに カフェ&ギャラリー「もろみ蔵」、アトリエ&ギャラリー「オキシドール oxydol」が既に活動をはじめています。
3月18日には外壁を塗装するワークショップが開かれて、約30人がかけつけて下さいました。ありがとうございました。
オキシドールギャラリーへの作品設置
 

金沢港に近い造り醤油屋の町「大野」に、2000年10月末オープンしたギャラリー兼アトリエ”オキシドール”で作品を展示しています。今回はこのギャラリーの外壁の窓に作品を設置しました。窓が路地に面 しているので、いつでも見ることができます。

 [作品]の詳細へ

■”oxydol オキシドール”は、 現在使われなくなったもろみ蔵を改装し、作家の制作スタジオとして、また発表の場として再活用しようという試みのスペースです。
制作をおこなう作家は、会田具仁子、外山雅暁、高井宏和の金沢在住作家3人です。

場所:oxydol gallery  金沢市大野町2-39

 
個展 300日画廊 (東京)
   
2000年9月8日(金)から16日(土)まで開催していた、300日画廊での個展は無事終了しました。ビルの一室を改装した真白なスペースでの展示でしたが、今回はその部屋に白い塩の壁を作るというプランをかたちにしました。 会場まで、わざわざ足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました。

 [作品]の詳細へ

期間:2000年9月8日(金)-16日(土)
時間:12:00-20:00
場所:300日画廊  東京都港区北青山
メキシコ滞在制作の報告
   

2000年6月5日から26日まで、メキシコのベラクルス州の州都ハラパに滞在して作品を制作してきました。
展覧会のオープニングを23日に済ませて、金沢に帰ってきたのは28日でした。日本とは文化的土壌が異なる土地での制作とあって、(なにしろ言葉が通 じないわけですから)なかなか思うようには進みませんでしたが、なんとか展覧会初日には間に合わせることができました。

 [作品]の詳細へ

これまでは電子レンジを使って塩を焼き固めてるという制作方法をとっていましたが、今回は現地の人たちの協力を得てレンガで釜を作り、初めて炎で塩を焼くという試みに挑戦しました。