「私の作品の多くは、展覧会が終わってしまうと形が消えてしまいます。しかし作品で使った塩が海を巡り、さまざまな生き物の命を支えてくれることでしょう。もしかしたら私たちが口にする機会が訪れるかもしれません。もちろん作品の素材として再会できれば最高の喜びです。」

このプロジェクトは、作品で使用した塩を主旨に賛同してくださった皆さんの手をお借りして「海に還す」というものです。展覧会終了後に作品の撤去を行い、集めた塩を後日ご自身の手で海に還していただきます。
写真撮影、及び掲載にご協力くださった皆さん、本当に有り難うございました。お送りいただいた写真は必ず掲載致します。但しスペースの関係上、写真の選定及び画像の一部にトリミングを施す場合があります。ご了承ください。
皆さんから届いた写真はこちら
皆さんからお送り頂いた写真を順次掲載しております。
海に還るプロジェクトとは
チャールストンでの作品撤収や、近くの港に塩を還す様子が収録されています。
制作:Halsey Institute of Contemporary Art
(英語 / 1'43")
箱根彫刻の森美術館での作品撤収や、小田原の海に塩を還す様子が収録されています。
制作:箱根彫刻の森美術館(4分52秒)
ロサンゼルス 2012年12月8日撤収
個展「Return to the Sea」 / Laband Art Gallery / ロサンゼルス
会場で作品を撤収後、ビーチで和太鼓の演奏が行われました。会場ごとに様々な工夫を施してくださっています。
チャールストン 2012年7月7日撤収
個展「Return to the Sea」 / Halsey Institute of Contemporary Art / チャールストン


最終日に行われた「海に還るプロジェクト」には約350名の方が集まって下さいました。スカイプで日本とチャールストンのリアル中継を行いました。
海に還るプロジェクト(Facebook)

写真: Brayn Allien Damage  FACEBOOK ALBUM

写真: Kathleen Saunders
 
制作:Halsey Institute of Contemporary Art(英語 / 1'43")
箱根 2012年3月11日撤収
個展「しろきもりへ」 / 箱根彫刻の森美術館 / 神奈川




海に還るプロジェクトの映像
制作:箱根彫刻の森美術館(4'52")

マルセイユ 2010年9月19日撤収
個展 / Art-O-Rama / マルセイユ



ケルン 2010年6月6日撤収
個展 / サンクト・ペーター教会 / ケルン



教会からライン川に移動する様子

ライン川に架かる橋から、、、
京都 2010年5月15日撤収
個展 / aN-arts / 京都



東京 2010年4月11日撤収
MOTアニュアル「装飾」 / 東京都現代美術館



パリ 2010年1月撤収
個展 / L MD ギャラリー / パリ、フランス



ハンブルク 2009年11月28日撤収
個展 / グローセン・ブライヒェン・ビルダー / ハンブルク、ドイツ



金沢・大野 2009年11月28日撤収

町家巡遊09 ひと・わざ・暮らしの町家展 / 紺市醤油工場、石川県金沢市大野町





 
金沢21世紀美術館 2009年8月30日撤収
撤収には約140名もの方が集まってくださいました。有り難うございました。

■撤収の様子はウエブマガジン「アートイット」のブログにも掲載しています。(アートイットのブログを見るには無料の会員登録が必要です)

■MRO北陸放送 9月8日(火)18時のニュースで撤収の様子が紹介されました。


愛についての100の物語 / 金沢21世紀美術館、石川
金沢アートグミ 2009年7月13日撤収
■美術館での撤収の様子はウエブマガジン「アートイット」のブログにも掲載しています。(アートイットのブログを見るには無料の会員登録が必要です)


村野藤吾 x 山本基 展 / 金沢アートグミ、石川
アメリカ・サウスカロライナ州チャールストン 2006年12月撤収


フォース・オブ・ネイチャ- / チャールストン大学付属図書館、サウスカロライナ、アメリカ

アメリカ・ノースカロライナ州 2006年10月撤収【作品】



フォース・オブ・ネイチャー / デイビッドソン大学、ノースカロライナ、アメリカ